中秋の名月
「名月を とってくれろと 泣く子かな」
小林一茶の俳句を思い出しました。こんなに近くにあり手が届きそうですね。
月の出はホントに予測しがたい、2日前はタワーの右側に出たので
今晩はタワーの左側あたりかなと見当つけてたのにーー
いきなりホテルの左側だなんて、しかもすぐに曇って見えなくなったので
貴重な名月の写真になりました。
b0061108_19461989.jpg
b0061108_19462916.jpg


[PR]
# by yuriy123 | 2017-10-08 20:05 | | Trackback Topへ戻る
 ハロウィーン
タワーのイルミネーションがハロウィーンになりました。
昨年より楽しい絵柄のようですが、家から撮るので甘ピンです。
雰囲気だけで楽しくなります。
b0061108_20351665.jpg
b0061108_20350207.jpg
明日は名月が見れますようにーー

[PR]
# by yuriy123 | 2017-10-05 20:41 | タワー | Trackback Topへ戻る
 中秋の名月
午後6時35分 まだ宵の口でした、
もっと夜遅くだったら月も黄色に輝いてたと思いますがーー
そんな時間だと天空高くのぼってしまうのでーー
b0061108_21485350.jpg

[PR]
# by yuriy123 | 2017-10-04 21:56 | | Trackback Topへ戻る
 東京散策 3 浅草
東京メトロの浅草駅です、
吾妻橋方面の4番出入口には、浅草観音に因んだ格好の屋根が設置され、
通称「赤門」と呼ばれています
b0061108_18273914.jpg

アサヒビール100周年の記念事業の一環として、1989年10月に竣工した
「アサヒビールタワー」は、琥珀色のガラスと頭頂部の白い外壁で、
泡のあふれるビールジョッキをイメージし金色の炎は
「新世紀に向かって飛躍するアサヒビールの燃える心」を表わしています。

b0061108_18265097.jpg
b0061108_18571494.jpg
b0061108_18272970.jpg




[PR]
# by yuriy123 | 2017-09-29 19:01 | 風景 | Trackback Topへ戻る
 東京散策 2
久しぶりに隅田川クルーズを楽しみました。
青空に映えてスカイツリーもくっきりと姿を見せてくれました。
b0061108_19284664.jpg
b0061108_19283212.jpg
b0061108_19285821.jpg
b0061108_20022338.jpg
b0061108_20023231.jpg
b0061108_20025589.jpg
b0061108_19295408.jpg


[PR]
# by yuriy123 | 2017-09-26 19:56 | 風景 | Trackback Topへ戻る
東京散策 1
東京はいつ行っても面白いし楽しさ倍増です。
「和田倉噴水公園」は昭和36年に天皇皇后陛下ご成婚を記念して作られその後、
平成7年に皇太子殿下のご成婚を記念して、大噴水を再整備し、
新しく造られた落水施設やモ二ュメン卜を流水施設で結んでいます。
大噴水の他にも水のモニュメント等があり、都心にふさわしい清潔感溢れた公園で
日本の顔として誇らしく思います。
b0061108_20522048.jpg
絞り優先で撮りました。
b0061108_20524168.jpg
こちらはスピード優先です。少しは違いがわかりますか、ーー
b0061108_20522994.jpg
b0061108_09083581.jpg
b0061108_09080991.jpg

[PR]
# by yuriy123 | 2017-09-25 09:11 | 風景 | Trackback Topへ戻る
  15夜
今宵は満月 今か今かと待っていました。
タワーの横にポット出ました、しかしだんだん雲が出て来て見えなくなりました。
翌日は約30分遅れてタワーの上にーー 
気がつくのがもうちょっと早ければタワーの真上に串刺しになってたかも知れない
のにと思ってますがーー 
b0061108_21013008.jpg
b0061108_21014171.jpg
b0061108_21021982.jpg

[PR]
# by yuriy123 | 2017-09-10 21:11 | | Trackback Topへ戻る
 雲
今朝の雲も凄かった こんなの初めて見た気がします。
空全体を覆うようなーー 
b0061108_20155994.jpg

[PR]
# by yuriy123 | 2017-09-03 20:33 | 風景 | Trackback Topへ戻る