<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Topへ戻る
 春は名のみのーー 
梅見ツアーだったのですが、あいにくの雨模様とあいまって肝心の梅はさっぱりでした。
みやま市にある「青輝園」でお座敷梅林を見学しました。
樹齢数百年、数百種の古い梅の盆栽がお座敷に所狭しとならべられています。
2000坪の広い園内には世界最大級の五葉松の超大型盆栽に圧倒されました。
写真はもっぱら盆梅の水滴を撮って見ました。
b0061108_22535322.jpg


b0061108_22555210.jpgb0061108_22565723.jpg

b0061108_22574551.jpgb0061108_2343842.jpg

推定樹齢250年の五葉松の盆栽と、右は葉牡丹の水滴が水晶のようにキラキラしています。

b0061108_23115445.jpgb0061108_23123089.jpg
[PR]
by yuriy123 | 2012-02-23 23:15 | | Trackback Topへ戻る
 冬景色
今年は例年になく厳しい冷え込みです。「伊万里再発見ツアー」に行ってきました。
ぼたん雪が舞う中 肝心の梅はつぼみも膨らんでいなくてーー
梅のつけ方や加工場の見学・金柑の収穫・「秘窯の里 大川内山散策」を楽しみました。


b0061108_1412778.jpgb0061108_1422831.jpg

桜草が雪を被って寒そうです。

b0061108_1453361.jpgb0061108_1481823.jpg

b0061108_14101353.jpgb0061108_1411539.jpg

甘くておいしい金柑でした(糖度16度 メロンより甘いそうです 実感でした)

b0061108_14134624.jpgb0061108_14153374.jpg
[PR]
by yuriy123 | 2012-02-20 14:17 | 風景 | Trackback Topへ戻る
 富士山ツアー第二章

朝焼けが見事にとは言い難いものですがこれはこれでいいかなとー

b0061108_12532474.jpg


本栖湖からです。裾野が一番きれいなのですが、そんなチャンスってなかなかないですねぇーー
b0061108_1255821.jpg


西湖からです。
b0061108_1259426.jpg


カチカチ山のロープウエイからです。見事な波紋に思わず見とれてしまいました。
b0061108_1355673.jpg


霧氷も初めてです。一瞬 雲が切れてあわててカメラを向けました。
b0061108_13104816.jpg

[PR]
by yuriy123 | 2012-02-17 13:18 | 富士山 | Trackback Topへ戻る
 富士山
「富士山 ぐるっと一周」に行ってきました。予報では3日間とも雨だったのですが、
晴れ男・晴れ女・のおかげで一日半だけ好天に恵まれ 念願の富士のお山に出会えました。
感謝 !!  感激 !! です。 朝霧高原からの富士山です。

b0061108_204879.jpg

朝霧高原近くのホテルの窓からーー 夕日に映える富士山です。
b0061108_20235336.jpg

「大石公園」から そろそろ雲がかかり始めました。 二重の笠雲  ? 
春にはラベンダー畑を前景に富士が映えますね

b0061108_202699.jpg


精進湖にくると雲はますますふえてきました。山肌から白く激しく煙のように湧き上がります。
b0061108_20274097.jpg

[PR]
by yuriy123 | 2012-02-15 20:55 | 富士山 | Trackback Topへ戻る
 庭園の宿 石亭
遠く瀬戸内海を望む緩やかな斜面の高台に佇む石亭。
お部屋から垣根越しに世界遺産の宮島を借景として見られます。
庭に降り立てば背後には山水画さながらの山々の稜線が広がり、心温まる風景です。


b0061108_18403846.jpgb0061108_1842149.jpgb0061108_1933143.jpgb0061108_19342416.jpg


部屋数 僅か12室の閑静なお宿です。斜面を利用して離れ屋風に建てられており
部屋毎に調度、家具が異なり個性ある客室でした。
廊下にはろうそくやランプなどやさしい明かりが灯してあり、非日常の空間に胸が膨らみます。
それぞれの部屋のしつらえ、調度品の取り合わせもセンスよく、
至る所に細やかな心遣いが見られました。


b0061108_19405321.jpgb0061108_19414487.jpgb0061108_19461486.jpgb0061108_19465333.jpg
[PR]
by yuriy123 | 2012-02-08 19:48 | 旅行 | Trackback Topへ戻る
 宮島
海の中に建つ大鳥居、台風や地震でもびくともしない訳 今回初めて知りました。
鳥居上部の島木は箱型の造りで中に玉石や経典を詰めて重石にしているそうです、
又柱を安定感のある6本足とし柱と屋根の交差する部分には特殊な造りのクサビが施されて、
柱と屋根の動きやひずみなどを自然に吸収しています。
海底部分は松材の杭を打って地盤を強化したうえで、その上に布石を並べて基礎の代わりと
しているとの事です。
数百年前にこれだけの仕掛けが行われた事 改めて先人の知恵に感服した次第です。

b0061108_8204295.jpg

嚴島神社は海を敷地とした大胆で独創的な配置構成、
平安時代の寝殿造りの粋を極めた建築美で知られる日本屈指の名社です。
廻廊で結ばれた朱塗りの社殿は、潮が満ちてくるとあたかも海に浮かんでいるように見えます。


b0061108_8444643.jpgb0061108_847077.jpg

豊国神社  通称 千畳閣
桁行41m 梁間22m 単層本瓦葺入母屋 木造の大経堂
豊臣秀吉公が戦没者のために、千部経の転読供養をするため天正15年(1587)発願し、
建立を命じましたが、秀吉の死により未完成のまま現在にいたっています。
明治時代に秀吉公と加藤清正公が祀られ、豊国神社となっています。
入母屋造りの大伽藍で857畳の畳を敷くことができ、軒瓦には金箔が押してあることから
完成していれば、さぞや豪華な桃山文化を取り入れた大経堂になっていたと思われます。


b0061108_915998.jpgb0061108_982170.jpg


千畳閣の隣に建つ五重塔は、和様と唐様を巧みに調和させた建築様式で、
桧皮葺の屋根と朱塗りの柱や垂木のコントラストが美しい塔です。
高さは27.6m。応永14年(1407年)に建立されたものと伝えられています。
内部は完全な唐様で、一般の見学はできませんが、内陣天井に龍、
外陣天井には葡萄唐草、来迎壁の表には蓮池、裏には白衣観音像などが
極彩色で描かれています。

b0061108_9212622.jpg

[PR]
by yuriy123 | 2012-02-03 16:37 | 旅行 | Trackback Topへ戻る